採用情報 RECRUIT
お問い合わせ CONTACT

一部の高速道路の最高速度、時速120㎞へ(前編)|コラム(詳細) COLUMN

HOME  > コラム > 一部の高速道路の最高速度、時速120㎞へ(前編)

一部の高速道路の最高速度、時速120㎞へ(前編)

一部の高速道路の最高速度、時速120㎞へ(前編)

文章が長くなってしまうので、今回のコラムは前編・後編にわけてお話いたします。
警察庁より7月22日に、交通規制基準を変更すると発表しました。
一定条件を満たす高速道路に限り、最高速度を現在の時速100㎞から120㎞引き上げられるとの事です。

速度引き上げの対象区間

速度引き上げの対象は
1.設計速度が時速120㎞で、実勢速度が時速100㎞以上の高速道路
2.区間とする距離は原則20㎞以上
3.死傷事故率が低いこと
さらに
渋滞の無い時間帯の割合が、おおむね6割超える
片側2車線の場合は、大型車の走行割合が低いこと
も必要要件となっており、7月22日の発表時点での候補は、
●東北道:花巻南IC~盛岡南IC間の約27㎞
※2017年に最高速度を時速110㎞に、19年3月に時速120㎞に試験的に引き上げた結果を反映
●新東名:御殿場JCT~浜松いなさJCT間の約145㎞
※内、新静岡IC~森掛川IC間の約50㎞について、2017年に最高速度を時速110㎞に、19年3月に時速120㎞に試験的に引き上げた結果を反映
●東北道:浦和IC~佐野スマートIC間の約53㎞
●常磐道:柏IC~水戸IC間の約71㎞
●東関道:千葉北IC~成田JCT間の約26㎞
の5区間が挙げられています。

初めて時速100㎞を超える

1963年名神高速道路の一部開通してから高速道路の最高速度の基準が時速100㎞を超えるのは、今回が初めてとなります。
1960年代の車両性能と現代の車両性能を考えた場合、まさしく隔世の差があります。
設計規格が高い高速道路においては、安全性を確保できると判断し行政側が調整し始めたのかと推測されます。
一方で、トラックなどの大型貨物車は、積載量が多く、事故の被害が大きくなる可能性があるため、現行の時速80㎞規制を据え置くとの事です。

より後方の安全確認をしよう

今回の対象区間の多くは、役員車として成田空港送迎やゴルフ送迎で走行する地域ですので、役員運転手側の観点からみれば影響は大きいと思います。
とはいえ、速度向上にともない、安全確認は今まで以上に怠らないようにしなければならないと思います。
今回の交通規制基準の変更に関して、警察庁は追い越し車線へ進路変更する際、スピードを上げてくる右後方の車両への注意を一層呼び掛けるなどして、安全対策を図ると発表しています。
車線変更時には、ドアミラー・ルームミラーなどで右後方の安全を確認し、方向指示器を出してから約3秒後に車線変更行動を起こすことを今まで以上に心がけましょう。

(後編へつづく)

Column

Back
Next

COLUMN LIST